2016年11月13日

王朝の美意識とは

今日も晴天。寒くなく心地よい空気です。

IMG_0819.JPG

2016/9/24〜11/27・秋季特別展「浄土真宗と本願寺の名宝(於:龍谷ミュージアム)」が開催されています。今回展では、国宝「三十六人家集」37帖のうち元真集・忠見集・家持集・小町集の中から2帖ずつ観ることができます。

11/13 京都・龍谷大学大宮学舎清和館にて
「王朝の美意識‐本願寺本『三十六人家集』‐」記念講演会。
四辻秀紀先生(徳川美術館学芸部長)のお話を聴きました。

IMG_0814.JPG

四辻先生が「世界には素晴らしい名作が数々存在するが、『三十六人家集』は、世界でトップクラス・いや世界トップと思っている…この家集を知っているかどうかで美の世界が大きく変わる…」と語り、しかし『三十六人家集』全て観ることができるのは十年に一度あるかないか、とにかく至難の業であるとお話されました。私も痛切にそう感じる一人です。
知れば知るほど驚かされることばかりです。

先月初めに、龍谷ミュージアムから京都駅まで歩いたとき、東本願寺の周辺に彼岸花が沢山咲いていて、さすがに今日はもう見られないだろうと思いながら、同じ道を歩いていると、お堀の欄干にアオサギ君が「早く撮って」と言っているような表情で堂々と立っているではないですか。

IMG_0822.JPG

2〜3歩先の池にはカモのカップル。

IMG_0830.JPG

心和むひとときの散策でした。


posted by かなぐらふぃ at 23:42| 日記

大阪大学の次世代型市民講座・修了式

大阪市の広報で「大阪大学の次世代型市民講座 2016(インターネットによる外国語学習)」に応募しておりましたら抽選に当選し、オリエンテーションで、先生方がすごく気さくで親切に対応してくださるので安心して臨めそうな気がして、二週間、「英語発音」にトライ。がんばりました。

Google Chromeで<Talking Web>を使い、マウスカーソルで文章(英語・ドイツ語など)を選択すると、スピーカーマークが表示され、それをクリックすると選択された文章が読み上げられるようになっています。
これをベースに大阪大学で開発されたシステムを使って学習します。
語学学習方法もかなり進んでいるのだなと…半分困惑しながらも実践してみて、インターネット学習は好きな時間にできるのがとてもいいです。今後ますます進化していくことでしょう。

英語能力が上がったかどうかはさておき、そのことを知っただけでも少し進歩したような気がします。

昨日に続き、陽気な秋晴れの日。
11/12 大阪大学・豊中キャンパス・サイバーメディアセンターにて修了式。

DSCF7034.JPG

立派な修了証書をいただきました。

posted by かなぐらふぃ at 01:32| 日記

2016年11月12日

芝居小屋「永楽館」で歌舞伎

11/11立冬を過ぎたというのに今日も温かく感じます。

IMG_0789.JPG

先週、思いがけず、出石・永楽館で歌舞伎観劇(リビングカルチャー倶楽部企画)へのお誘いがあり参加させていただきました。
河内厚郎先生によると、出演者全員が上方歌舞伎役者で表現に違和感がなく、本格的な時代物の歌舞伎が観られるのは永楽館だけなのだそうです。

IMG_0791.JPG

客席300人の芝居小屋で観る歌舞伎は、舞台と客席が近く臨場感がすごくありました。

2016eiraku1.jpg
2016eiraku2.jpg

今回は、がっつり古典の「輝虎配膳」と松竹新喜劇を歌舞伎にした「春重四海波」を観劇。
出演者による「口上」では、会場の笑いがいつまでも続き大いに盛り上がりました。
愛之助は、出石は第二の故郷と語り、豊岡市の中貝市長はじめ、地元の方も大勢観劇され、歌舞伎が町興しの一つになっていて素晴らしいと思いました。
11/11は千秋楽ということで、紀香さんとも会えましたよ。

IMG_0800.JPG

観劇後、少しだけ出石を観光しました。
歴史の足跡が残る素敵な城下町。また足を運びたいと思います。

IMG_0808.JPG

銀杏・紅葉が見頃で美しい。

posted by かなぐらふぃ at 23:58| 日記

2016年11月08日

2016学びの秋

11/5〜6 雲一つない秋晴れのさわやかな日。
名古屋にて、香瓔会・秋の定例研修会。
丸山宏信先生の臨書入門コース「高野切・関戸・寸松庵」を学ぶ。

IMG_0753.JPG

3つの基本古筆の筆法とこれまでの研究内容を惜しみなく示され、わかりやすく素晴らしい講座でした。2日間、臨書しながら学ぶ有意義な時間を過ごしました。
古筆の見方が広がり、今後の書作に取り入れていこうと思いました。
名古屋の方々との交流もとても楽しい時間でした。

piyorin.jpg

▲「ぴよりん」可愛いすぎる上とても美味しかったです!
ぴよりんは、JR名古屋駅近くのカフェにいます。
名古屋コーチンを使っていてお土産としてもおススメです。

IMG_0784.JPG

▲徳川美術館にて
特別展「ザ・ベスト@トクガワ」展。
徳川美術館と名古屋市蓬左文庫が所蔵する名品を鑑賞しました。
多くの重要文化財が展示される中、「河内本源氏物語」二十三帖の内附・見開き部分のみでしたが、魅せられました。

IMG_0788.JPG

▲11/7 みどり母の誕生祝。
いつも良くしてもらって感謝!
posted by かなぐらふぃ at 20:34| 日記

2016年11月04日

2016芸術の秋

ハロウィンムードの先週(10/27〜)、日展が始まりました。
IMG_0662.JPG
▲地下鉄今里駅にもハロウィン

日展は、京都・大阪も巡回しますが、すべての作品を鑑賞できるのは国立新美術館だけです。

20161028nitten.jpg

制作中の葛藤の中、相当な時間と思いの入った作品ばかりです。
初日には榎倉会長の解説講座もあり、学び多い時間を過ごしました。

国立新美術館から歩いてすぐ、サントリー美術館「鈴木基一展」へ。

IMG_0745.JPG

鈴木基一は、江戸時代後期に活躍した江戸琳派の絵師。
この展覧会は、基一の作品が一堂に集まり、その魅力を存分に堪能できる機会でした。
伝統を引き継ぎながらも鮮烈・斬新な美を模索する姿は、痛切に感じるものがありました。

S0267026.JPG

銀座画廊で開催の書壇巨匠展に足を運びました。
巨匠の小作品が一同に鑑賞でき、見応えのある展覧会でした。
全て、本紙に対してたっぷりの余裕をとった気品ある額装。
榎倉先生は、牧水の歌をポップなパステルカラーのマーブル紙に表現。洒落た素敵な作品です。
尾崎先生の「叢(くさむら)」…言葉選びも心にしみる。
人間一人では生きていけないというメッセージなのだろうか…

帰阪中の新幹線の中で書の先輩から「尾崎邑鵬先生が文化功労者に選ばれました」と祝メール。
長年の苦労がやっと報われて良かったです。
おめでとうございます!
posted by かなぐらふぃ at 12:47| 展覧会

2016年10月27日

百人一首「かな書×ちぎり絵」企画展のご案内

10月末になろうというのに、また夏日とは。
今年の紅葉の見頃はいつになるのでしょうか。秋の色を感じたいものです。

IMG_0673.JPG
▲岡山美作にて

今日から本当に寒くなっていくということです。皆様、体調にはくれぐれもお気を付けください。

さて、このたび、かなぐらふぃと創作和紙ちぎり絵のコラボ企画展を開催することになりました。

百人一首「かな書×ちぎり絵」企画展
●と き/平成28年11月24日(木)〜27日(日)
     11:00〜19:00(27日は17:00まで)
●ところ/心斎橋カルタビアンカ
     〒542-0081 大阪市中央区南船場3-6-14 2F

2016hyakunin_an.jpg

はじめての試みです。
お近くにお越しの際は、お立ち寄りくださいますように ご案内申し上げます
どうぞよろしくお願いします。
posted by かなぐらふぃ at 01:14| 展覧会