2019年11月15日

佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美

11/13 京都国立博物館で開催の特別展「佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」へ。

20191113_142725.jpg

歴史秘話ヒストリアなどでも紹介され、過去最大に集結された三十六人歌仙絵と
本阿弥切などの古筆が観られるということで数カ月前から楽しみにしていました。

この日は、三十六人家集「重之集」継ぎ紙の美しい頁が展示。
色鮮やかに残る料紙、金銀砂子、書をひきたてるように金銀泥で描かれた柳や草木、鳥などの絵画的装飾も見事で何度も見入ってしまいました。
数年前までは料紙の絵画的装飾の魅力がよくわからなかったのですが、名品を観て、至高の王朝美術と紹介されるのはこのことかと目を奪われました。
田中親美作 貫之集下も想像以上に素晴らしい。

20191113_161740.jpg
20191113_uroko_or_hitujigumo.jpg
帰り道の七条、16時すぎ
うろこ雲あるいは羊雲ともいうそうですが、思いもよらず幻想的な空に感動
posted by かなぐらふぃ at 02:51| 書道展・展覧会

2019年11月14日

改組新第6回日展

10/31〜11/1 秋晴れの日 東京へ
20191101_163824.jpg
20191101_161423.jpg
全ての作品に書き手の想いを感じます。

20191101_144959.jpg
国立新美術館の2Fカフェにて 先輩先生方々とご一緒に

20191101_171404.jpg
巨匠展へ
いつも心に残る中野北溟先生の作品がなく残念でしたが 体調回復されたと聞き少し安心しました。

帰りは新幹線満席でしたが、みどりの窓口で直前キャンセルを手配いただき感謝<(_ _)>
posted by かなぐらふぃ at 01:01| 書道展・展覧会

2019年05月04日

新しき御代を寿ぐ(5/2京都)

令和の時代が始まりました。
4月まで仕事に追われる毎日でしたが、
5/1は主人の両親の結婚記念日でもあり、家族との時間を大切に過ごしました。
5/2 なんば教室の抽選会後、京都へ

IMG_4112.JPG
京都市役所前駅を降りてすぐ、ゼスト御池地下街・河原町広場で、京都薪能スペシャル・プレ公演(Noh×Kyogen)開催中でした。約650年続く究極のエンターテイメント「能楽」をほんの少し楽しみました。

寺町通のアートスペース余花庵にて、中川聖久先生の個展が開催されています。

IMG_4123.JPG
目を奪われた素敵な作品

IMG_3607.JPG
中川先生と

寺町通りは、素敵なお店がたくさん並んでいます。
散策するだけでも楽しい時間が過ごせます。

IMG_4132.JPG
一保堂でお茶の買い物

IMG_4140.JPG
鳩居堂の便箋や封筒も愛用しています。

IMG_4141.JPG
主人とお家で京都の和菓子をいただきました。
posted by かなぐらふぃ at 01:36| 書道展・展覧会

2019年04月11日

書作品鑑賞

この2〜3日は4月なのに冬のジャケットを着るくらい寒いですね。

IMG_4001.JPG
▲小雨の中の通天閣と桜

4/9〜14 日本書芸院四月展一科審査会員展が大阪市立美術館で開催中です。
地下展覧会室で静かにゆっくりと作品鑑賞できます。
展示された作品をみて自己反省し、次へのエネルギーにしています。
posted by かなぐらふぃ at 15:31| 書道展・展覧会

2019年03月13日

古筆臨書展(第8回かなぐらふぃ作品展)開催中です。

古筆は平安時代の雅の世界から時空を越え現存する貴重な日本の財産です。

IMG_3420.JPG

今回は「古筆の臨書」を課題として作品づくりに取り組みました

IMG_3441.JPG

3月12日(火)は体験教室も行いました。

かなぐらふぃの古筆臨書展は、3月17日(日)15時までです。

一人でも多くの方に、平安時代の古筆、かなの素晴らしさを知っていただきたい思いです。
posted by かなぐらふぃ at 14:52| 書道展・展覧会

2019年02月27日

2019古筆臨書展(かなぐらふぃ)

梅が見頃の季節となりました。

201903nanbaharu.jpg

毎年恒例の「春のセンターまつり」ですが、今年は「古筆臨書展」を行うことになりました。
開催期間は次の通りです。

●2019年3月8日(金)〜3月17日(日)
 時間:平日・土曜日は9:30〜20:00 日曜は9:30〜15:00
●難波市民学習センター 展示室
●古筆
「高野切第一種」「関戸本古今集」「曼殊院本古今集」「和泉式部続集切」「針切」「香紙切」「中務集」

IMG_3410.JPG

お近くにお越しの際は足をお運びいただき、ご感想などお聞かせいただければ嬉しいです。
posted by かなぐらふぃ at 15:59| 書道展・展覧会