2018年08月27日

和・JAZZ(書とジャズのセッション)

暑さが戻った8/26
「書とジャズのセッション」(兵庫県立芸術文化センター)を楽しみました。

空海が顔真卿を学んだという牛丸先生の空想ストーリー展開で
ジャズと書のパフォーマンスを堪能しました。

巨大な紀泰山銘、顔真卿三碑拓本が舞台に吊るされ圧巻。

金屏風にダイナミックに書くお姿に魅入りました。
あらためて書は素晴らしい。魅了されます。

IMG_2453.JPG

posted by かなぐらふぃ at 01:04| 日記