2018年06月30日

心に残る徳岡先生遺墨展

2018年前半も色々ありましたが、心に残っているのは、徳岡先生の遺墨展です。
十数年ぶりに書の研究会に参加した時、最初に声をかけてくださったのが徳岡先生でした。
「あなたのこと覚えてるわ。久しぶり…」おかげで一気に緊張がほぐれ書を再開できる喜びを感じることができました。
もっともっとご指導いただきたかったのに本当に残念で悲しく今でも信じられません。

20180430_heso.jpg
▲遺墨展会場の西脇市岡之山美術館アトリエは、日本へそ公園駅の前にあります。

IMG_2400.JPG
▲美術館の中だけでなく心遣いあふれる庭の演出も素敵でした。

IMG_2395.JPG
4/30榎倉会長の列品講座があり、徳岡先生の思い出と作品にひたりました。
生前、書に没頭されたお姿が浮かぶとともに、今ここにいらっしゃるのではないかと感じたのは私だけではなく、心打たれる1日でした。
多くの方々に慕われたことが伝わる素晴らしい遺墨展でした。
▲写真は書友が送ってくれた記念に
posted by かなぐらふぃ at 15:06| 展覧会