2019年11月14日

書は人なり

書を続けていると、良い作品を書きたい、上手くなりたいという思いが強くなり、私自身今までその思いが先行しすぎていたのではないかと思います。
しかし、書を続けることは本来、「人としての成長」のためであり、技術はそのために磨くものだと改めて思います。書の前に人の気持ちがわかる人でありたい。

書を通じて よき人格が育まれますように

こんな話をするなんて…歳をとりました(笑)

果てしなき道也…
posted by かなぐらふぃ at 02:16| 日記

改組新第6回日展

10/31〜11/1 秋晴れの日 東京へ
20191101_163824.jpg
20191101_161423.jpg
全ての作品に書き手の想いを感じます。

20191101_144959.jpg
国立新美術館の2Fカフェにて 先輩先生方々とご一緒に

20191101_171404.jpg
巨匠展へ
いつも心に残る中野北溟先生の作品がなく残念でしたが 体調回復されたと聞き少し安心しました。

帰りは新幹線満席でしたが、みどりの窓口で直前キャンセルを手配いただき感謝<(_ _)>
posted by かなぐらふぃ at 01:01| 書道展・展覧会