2019年06月21日

届出の…16才の少年へ

一昨日夜の梅田教室の帰り道
情けない話ですが、東梅田の改札を通った後、ICOCAを紛失。
地下鉄内にあると思い、駅員さんに相談すると、「明朝、Osaka Metroお忘れものセンターにお電話を…」とのこと。
その通りにすると、なんとICOCAの届出がありました。
チャージ金額とよく往復する駅名をこたえて間違いないと判断され無事戻ってきました。
ケースに入れておらず特徴なく見えたICOCAですが、履歴がずっと残っているんですね。
届出のあった谷九駅長室へ行くと、16才の少年が届出てくれたという。

21時頃の出来事だったので、塾の帰りだったのかな?一刻も早く帰りたかっただろうになどと想像し、一本、二本後の電車になってでも届出てくださった親切な少年に感激しました。

20190621_010955.jpg

本当にありがとう。
今後はもっと大切に使います。




posted by かなぐらふぃ at 02:07| 日記

2019年05月04日

新しき御代を寿ぐ(5/2京都)

令和の時代が始まりました。
4月まで仕事に追われる毎日でしたが、
5/1は主人の両親の結婚記念日でもあり、家族との時間を大切に過ごしました。
5/2 なんば教室の抽選会後、京都へ

IMG_4112.JPG
京都市役所前駅を降りてすぐ、ゼスト御池地下街・河原町広場で、京都薪能スペシャル・プレ公演(Noh×Kyogen)開催中でした。約650年続く究極のエンターテイメント「能楽」をほんの少し楽しみました。

寺町通のアートスペース余花庵にて、中川聖久先生の個展が開催されています。

IMG_4123.JPG
目を奪われた素敵な作品

IMG_3607.JPG
中川先生と

寺町通りは、素敵なお店がたくさん並んでいます。
散策するだけでも楽しい時間が過ごせます。

IMG_4132.JPG
一保堂でお茶の買い物

IMG_4140.JPG
鳩居堂の便箋や封筒も愛用しています。

IMG_4141.JPG
主人とお家で京都の和菓子をいただきました。
posted by かなぐらふぃ at 01:36| 書道展・展覧会

2019年04月11日

書作品鑑賞

この2〜3日は4月なのに冬のジャケットを着るくらい寒いですね。

IMG_4001.JPG
▲小雨の中の通天閣と桜

4/9〜14 日本書芸院四月展一科審査会員展が大阪市立美術館で開催中です。
地下展覧会室で静かにゆっくりと作品鑑賞できます。
展示された作品をみて自己反省し、次へのエネルギーにしています。
posted by かなぐらふぃ at 15:31| 書道展・展覧会

下関かな書道研修会

桜が咲き始めた3/23〜24

IMG_3511.JPG

香瓔会共催のかな書道地区研修会に招かれて、下関に行ってまいりました。

20190324shimonoseki.jpg
研修会テーマは「小字の基本」です。

2日目の研修会終了後、赤間神宮、門司港等、お世話役の先生より観光のおもてなしもいただきました。

IMG_4036.JPG
▲門司港レトロ展望室ビルをバックに

はじめての下関。
歴史と文化の見どころ満載で、学びあり、交流あり… 楽しい2日間でした。
posted by かなぐらふぃ at 14:16| 書道教室・講座・研修

2019年03月28日

楽しかった道頓堀

かなぐらふぃ作品展会期中に、大阪に遊びに来てもらった友人のリクエストで道頓堀へ。

IMG_3457.JPG

大勢の外国人観光客に混ざっての、たこ焼きと串カツの食べ歩き・・・。
日頃のワークを忘れ、若い頃にワープしたような楽しいひとときでした。
posted by かなぐらふぃ at 01:35| 日記

2019年03月13日

古筆臨書展(第8回かなぐらふぃ作品展)開催中です。

古筆は平安時代の雅の世界から時空を越え現存する貴重な日本の財産です。

IMG_3420.JPG

今回は「古筆の臨書」を課題として作品づくりに取り組みました

IMG_3441.JPG

3月12日(火)は体験教室も行いました。

かなぐらふぃの古筆臨書展は、3月17日(日)15時までです。

一人でも多くの方に、平安時代の古筆、かなの素晴らしさを知っていただきたい思いです。
posted by かなぐらふぃ at 14:52| 書道展・展覧会